アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
November 2014
M T W T F S S
« May    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

postheadericon 歓迎会とは

丸いテーブル

歓迎会とは、企業においては新入社員や中途採用者、異動者など新たに配属された人に対し親睦を深め、早く組織に馴染んでもらう為に行なわれる行事の事で、一般的には酒宴が設けられるケースが殆どです。

企業においては送別会とともに大きな社内イベントの一つと言えます。

お酒を酌み交わし、お互いの仕事やプライベートに対する考え方や来歴を知るうえで非常に重要な機会といえますが、最近はアルコールハラスメントが問題視されるケースもあり、節度をもった対応が必要です。

パーティーの有効性
参加者の親交を深め、団結力を向上させる効果があり、大きなプロジェクトの実施先立ち実施することで、円滑なプロジェクトの実施が期待できるなどの有効性があります。

パーティーは、社内イベントの一環として定期的に開催される場合もあり、その代表的な例が歓迎会です。

この会では新たに社員となった者を歓迎するために開催されますが、それにより緊張しがちであった新入社員をリラックスさせ、先輩社員と緊密な関係を築き業務を円滑に進める土台を作ることができるのです。

歓迎会の現状
歓迎会は新しく団体や組織に入ってきた人を歓迎し、これから一緒に頑張っていこうという気持ちと結束を固めるために行われるもので、1年を通して様々な場所で開催されています。

学校では新入生が入学したことを祝う目的で春に行われることが多く、行事の一つとして組み込まれている場合もあります。

又、社会人になると新入社員のための歓迎会を行う企業が多々あり、毎年新入社員が入社するような企業では恒例の社内イベントになっています。

歓迎会のメリット
歓迎会は友人関係や先輩後輩関係が良くなるというメリットがあります。パーティーのような華やかな感じなのであまり話をしたことのない人とでも仲良くなることができます。元々の友人ならばより親密な関係になれます。

歓迎会は職場での社内イベントとして行なわれることも多く、歓迎された人は今後の仕事にやる気が出てくるというメリットもあります。新入社員にとってはまだ慣れない仕事の不安がかき消されて気持ち的にも楽になります。

postheadericon 社内イベントとは

いろいろ並ぶ

社内イベントとは、文字通り会社内で行われる企画行事(イベント)で、社員同士の親睦を深め、明日への活力となるよう身も心もリフレッシュさせることを目的に実施されます。最近では、参加型のものが人気のようです。

一般的なものでは、社員旅行やBBQ大会、忘年会、創立記念パーティーなどがあります。また、新入社員や新規配属された社員に対しては、部内などで歓迎会を実施することが多く、新入社員や新規配属された人は、その会を通じて関係づくりをすることも重要です。

社内イベントの形態
社内イベントには色々な形態があります。新人の歓迎会のようにパーティーの雰囲気を楽しむもの、ソフトボールやバレーのように親睦をかねた球技大会形式のもの、またレベルアップ、スキルアップにつながるような研究発表会的な形式のもの、少しあらたまったところでは創立記念日、〇〇の祝勝会などです。

いずれの形態にしても目的は組織の一体化を図りコミュニケーションを円滑にし、社内のモチベーションを上げることなので企画、実施するうえでそれらのことを熟考し、個々が参加しやすく、有意義であったと感じられるアイデアを終結することが大切になってきます。

歓迎会とは
社内イベントの中で一番よく開かれるものは、歓迎会です。これは、新入社員が来た時や中途社員が入社してきた時などに開催されます。パーティーとして開かれる場合も多く、部署内だけではなく会社全体で行われている場合もあり、社員と幹部とのコミュニケーションを取ることができる場としても活用されており、レクリエーションとして開催されているところもあります。

また、多くの企業では、会社から経費としてお金が支給されるため、大人数で楽しむことができます。

パーティーの注意点
社内イベントや歓迎会などのパーティーでは、楽しく参加できるよう注意しなければいけない事があります。

出来る限り大勢で楽しめるように、職場での立場や年代を考慮し、自主的に参加できるようにします。乾杯時のビールを強制したり、説教や愚痴が出ない様に工夫をします。じゃんけん大会やビンゴゲームなども有効ですが、野外など広い場所でのイベントなどには、家族や取引先などを招き、アットホームな雰囲気を演出する事も有効です。食事のメニューなども偏りが無い様な物が理想です。